よくあるご質問 Q&A

◆◇◆ よくあるご質問を以下にまとめました。ご参考になさってください。

  Q. 矯正は何回ぐらいかかりますか?
  
A. 個人差はありますが、平均5回〜10回です。その後も多少のメンテナンスが必要です。
     すべての施術においてですが、重症度によって回数は異なります。
     こまめにメンテナンスをしていると、症状は酷くはなりません。

  Q. 痛くないですか?恐くないですか?
  A. 現在、3歳〜93歳までの方に施術をしています。ご安心ください。
     コリや悪い箇所をさわると、瞬間的な痛みはありますが、力づくで矯正はせず緩和します。
     (症状のない方、悪いところがなければ痛みは全くありません。)

  Q. 坐骨神経痛は良くなりますか?
  A. 個人差はありますが、症状を軽減し生活に支障がないようにします。

  Q. 生理痛は楽になりますか?
  A. なります。血流もよくなり、症状は軽減されます。

  Q. 風邪をひいていても施術は可能ですか?
  A. 風邪をひいている時は、お避けください。
     施術をすることで、リンパの流れがよくなり、病原菌が全身に流れて症状が悪化することがあります。

  Q. ペースメーカーをしていますが、施術は可能ですか?
  A. 施術は可能です。背中をさわる時は、押さないようにします。

  Q. 骨粗鬆症ですが、施術は可能ですか?
  A. 施術は可能です。弱い力で施術します。

  Q. ひざに水がたまるのはなぜですか?
  A. 関節がズレたり、軟骨がすり減ったりすることで炎症がおこり、その炎症をおさえようとするために
     その部分に水を送りこんで冷やそうとするからです。
     通常は体の中へ戻っていきますが、関節がズレたままの状態でいると自然治癒力が弱まり、
     水を戻す力がなくなり、「水がたまる」という状態になります。
     水をぬいても炎症があれば同じことを繰り返します。
     整体によって、関節を戻し、自然治癒力を高めることで水がたまらなくなります。

  Q. 施術で身長はのびますか?
  A. 成長期であれば全身施術を続けることで伸びる可能性はあります。
     しかし、遺伝的に伸びない方もいらっしゃいますので、どのくらい伸びるかは保証できません。
     成長期でない場合、猫背や側湾症を矯正したり、足の長さを調整することで
     数センチなら伸ばすことは可能です。

  Q. 猫背の矯正方法を教えてください。
  A. 背中の筋肉をよくゆるめ、後ろに反りかえる施術や胸をはる施術をします。
     しかし、それを毎日続けることが大切です。
     猫背は姿勢やクセなど日常生活によって起こるものなので、施術をうけるだけでなく
     日ごろから胸をはるなど、改善を習慣化させる必要があります。

  Q. O脚の矯正方法を教えてください。
  A. 下半身中心に筋肉をゆるめ、腸骨を閉じたり、股関節の伸びをよくすることで
     経度のO脚ならなおる可能性があります。
     しかし、その状態を維持する筋肉が不足しているとO脚に戻りますので、
     太もも内側の筋肉のトレーニングが必要です。

  Q. 外反母趾の矯正方法を教えてください。
  A. 外反母趾は、骨(関節)の変形によるものなので、整体でなおすことは難しいです。

 

                 上記以外にもなにかありましたら、お気軽にご相談ください。

 

                    メールでのお問い合わせはこちら ⇒ 

top

 

COPYRIGHT(C) 2011 Re楽整体 ALL RIGHTS RESERVED